上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.10 紅葉遠足②
木、といえばですね、奈良公園の木にも見どころがあるんですよ。
根っこに注目です、足元をごらん。

どくどくと血潮の聞こえてきそうなほどの生命力のある根っこなのです。
こいつはそこそこに必見です。

3:10
奈良公園の奥地へと足を延ばす。
広大な大地を発見。

走りたくなった。
だから走った。
そしたらすぐに疲れた。

当日のお昼の場所確定。

鹿達はというと。
集団で草食べて孤独な思いを消しておりました。

3:15
さらに、その向こうへ行く。
道の脇の溝にはまった小学生を発見。
見過ごす。

春日大社の境内へと足を運んで、しばらく道草食いました。
横道入って、迷子になったり。
道なき道を進んで行き止まりの壁にぶちあたったり。
やっとこさ本殿まで登りつめたのが4時。

上でお賽銭投げて、手をぱんぱんして、お祈りしてきました。

「単位が空から降ってきますように」



あ、そういえば、こんなもの見つけた。
縁結びの絵馬。


大体の人は
「幸せな家庭を築けますように」
「いつまでも仲良くいられますように」
とか、ささやかなお願いを書いてるんですよ。
そんな微笑ましいお願いなら、縁結びの神様も、にこにこしながらきっと叶えてくれるんでしょう。

しかし。


16788851.jpg


こ れ は 欲 張 り じゃ な い か



さすがにこれは神様でもキャパオーバー。

私的には()でくくられた「都内でお願いします」がツボにきた。
いいぞもっとやれ。

4:30
若草山の登山入り口の看板の前に立つ。
「頂上まで4km」

登ろうか、登るまいか。

登ったった。
ブーツやけど登たった。
急勾配やけど登たった。

都会の喧騒はどこへやら、靴で踏む砂利の音、木達のささやきやら自然の声だけが聞こえてきて、目を閉じて深呼吸、深呼吸。

静かなのにも飽きて、イヤホンを耳に突っ込んで、好きな音楽を口ずさみながら坂道を登る。
そしたら角からランニングハイなおっちゃん出てきた。
恥ずかしかった。

予想以上に長い。
③を今から書く。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://clumsy1002apology.blog61.fc2.com/tb.php/134-d26a9d75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。