FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものように朝起き、いつものように駅の階段で下から吹き抜ける風によってパンチラし、いつものように電車に乗り、いつものように改札を抜け、登校する。
突き抜けるほどの青空で、太陽もいつものように頭上で光っている。
2学期に突入し、秋の気配を感じさせる今日この9月9日。
いつもどおり、何ら変わりようのないはずのこの小さな少女にひとつの変化が訪れた。


それと、“おはよう”と共に掛けられた“誕生日おめでとう”の一声。
そう、この少女のひとつの変化。
17年前のこの日、少女はこの世に産み落とされた。
この9月9日という日は少女にとって特別な日なのだ。
ひとつ大人になった彼女の背中は心なしか頼もしく見える。

少女がひとつ大人になった、ということ、それと普段は一緒に登校しない2人の友人が私の前で鼻血について熱く語っていること、それ以外はいつもどおりだ。


3人、という数字はいつだって難しい。
常識として、道は2列で歩くものだ。
それ以上に広がると他の通行人の邪魔だし、かといって1列に縦になって歩くのは少し寂しい。
3人で登下校する場合、2人+1人、という形にどうしてもなってしまう。

その+1人になるのはいつだってその3人の中で弱い人、となってしまう、たぶん。
この小さな少女は、そういう立ち位置らしく、今日も後ろから前の彼女達の鼻血トークに耳を傾けながら、頭の隅では、教室に着いた後の数々の友人からの祝福を想像し口元はだらしなく緩む。


学校に到着し、校門で礼儀正しく“今日もよろしくお願いします”と校舎に一礼をする。
3人分の革靴が、レンガの地面を不規則なリズムでカツン、カツン、と音を鳴らす。
そして少女はいつものように地下への階段を軽快なステップで下り、薄暗い靴箱置き場までたどりつく。
そしていつものように出席番号14番の靴箱の扉をひらく。

「うぉぉぉぉおぉおおぉぉぉぉ・・・・」
奇妙な声を上げる少女の足元には、無数の手紙の数々が。
「ちょっ、これ、なに・・っ!」
おもむろ零れ落ちた手紙をかき集め、靴箱に中に入っているそれも取り出しす。
そして細い目を驚きにカッ、っと見開き、友人の顔を見つめる。

「モテモテやな~クラちゃんは」
そう言いながら、ほらこっち向いて、とカメラを構えシャッターを押し出す友人。
少女はふっ、っと少し笑い、言葉通り「両手いっぱい」に手紙の数々を抱え、にんまりと笑う。
全体的にうざい、と憎まれ口を叩く友人。
靴箱から教室へ上がる途中にも、自慢気に見せびらかすように両手に手紙を抱える。
誰かに見せたくて職員室にわざわざ寄り担任の先生に出来事を報告し、自慢する。


17歳になってから初めて教室の扉を開く。

「おはよう!」






どうもseventeenクラです、本日誕生日でした。
昨日友人から電話が掛かってきて、明日一緒に学校行こう、だなんて言い出すもんだから。
なにも用意されてない、なんて思うようなそこまで謙虚なクラさんじゃないんです、少しは期待してみる。
きっと教室に入った瞬間にクラッカーバーンおめでとうー、とかかなー、とか考えてみたり。
まさか、学生の間に一度は経験したいランキング1位、高校生は誰もが夢見るロマンじゃないですか。
こんな誕生日って贅沢すぎます、これを企画してくれた親友には感謝してもしきれません。



手紙はこんな様子です。



CIMG4598_convert_20090909203853.jpg

・・・。

間違えましたすみません今日の晩御飯でした嘘です大枚はたいて食べた修学旅行の昼飯です。


CIMG4837_convert_20090909203422.jpg
こっちが本物です、数えてみると合計39通ありました。
全て読まさせていただきました。
しかし、その中に少し気になる内容が多々ありましたので挙げさせていただきます。

「私のことを見てズボンにテントつくらないように」
「私、先輩へずっと熱い視線を送っていたのですが気づいていましたか?
実は帰りもご一緒させていただいているのです
先輩のおうちまでは私が先輩の背中を守っているのでご安心を
先輩のグッズで私の部屋はいっぱいです
先輩の髪の毛はもちろんのこと、先輩がクラブで使ったタオルや先輩の飲み終わったペットボトルまであるんです  by巣戸岡 亜子」

「クラちゃん素敵、肩の筋肉萌えー」 


・・・、うん。


自演だと思った奴らはラッシュ時に改札機に定期券の変わりにテレホンカード入れればいいよ。




企画に参加してくれ、ラブレターと称しき手紙を書いてくれた方々
おめでとうを言ってくれた方々
そしてこの企画を立案してくれ、実行へ移してくれた一番大切なあいつ
そしてこのブログを見てきっとコメントに“おめでとう”と書いてくださるだろうそこの画面の向こうの君
そして私をここに産んでくれたお父さん、お母さん
ありがとうございました。
今日の2009年9月9日の誕生日は一生忘れません。



学生の間に一度は経験した~いランキング

1位 靴箱からラブレターどばー

2位 卒業式に第二ボタンをねだられる

3位 放課後体育館裏に呼び出し

4位  制服で自転車2人乗り

5位 屋上で授業サボる
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://clumsy1002apology.blog61.fc2.com/tb.php/122-b8aa372c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。