上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは新小学4年生の妹と一緒にお風呂に入ったときのこと。
床に転がっていた石鹸で一発ギャグをかました直後だった。


「お姉ちゃんの話…シケる」


シケるだなんて言葉…いつどこで覚えてきたのよっ…!
お姉ちゃんそんな言葉教えた覚えないわよー…!
話…シケる…だなんて…、お姉ちゃん落ち込んじゃうぜ…。



はい。



桜がきれいに咲いている頃ですね、近くの公園にレジャーシートでも敷いてお花見でもしたい気分です。
花鳥風月を楽しみとするだなんて心が老けたのか、日本人らしくなったのか。


桜が散る並木道を制服で登校、だなんて素敵じゃないですか。

空気さえもほんのりピンク色に染まって、ひらひらと舞い落ちる花びら。


今日から新クラスだな、と期待と不安に胸をときめかせながら桜並木を歩く。
後ろからたっ、たっ、たっ、と近づいてくる音がする。

「頭に花びら乗ってるぜ。」
くるりと後ろを振り返るとそこに立ってるのは去年同じクラスだったあいつ。
頭の上に乗っている花びらを払おうと手を伸ばす。

「あ、いいってっ・・・自分でとるから」

「お、おう・・・おっはよ今日から新しいクラスだな、お前文系だったっけ」

「うん、そうだけど」

「そっかー残念だな、同じ(おんなじ、と読むのがポイント)クラスになれる可能性少なくなったなー。
・・・でも同じクラスになれるといいよなっ、じゃーな、俺朝練あるからっ!」
ニカッ、といつもの悪戯っぽい顔で笑うと 走り去ってく背中。


一瞬世界が止まった。

自転車で登校する新入生も 風に吹かれて舞い落ちる桜の花びらさえも。


「そう、なるといいね」
再び世界が動き出す。
小さく呟いたその声は風の音にかき消されて誰の耳にも届かなかっただろう。
そして前を向いてもう一度歩き出す。






はい。


いつになく思考がフル回転です。
この回転をもう少し違う方向にベクトルを向けられたら宿題も終わったはずなのに。





こんにちはお久しぶりです皆さん、クラです。
更新滞りすぎてスポンサーも出てきちゃうぜー、という状態になってしまいました。
すみません。
春休みは非常に忙しく悠々とパソコンを触っている暇なんてありませんでした。


何に忙しかったのか。

とりあえず、報告いたします。

クラブに復帰しました


復帰してはや1ヶ月が経ちます。
毎日練習を重ねますが、全く進歩がなく上手くなれませんね。
でも10分ゲーム25本の地獄の合宿も乗り越えたし、もう怖いものなんてない・・・



・・・わけないですよねー。


試合です。
もう少しで私たちは新チームでの初めての試合を迎えます。
高校生メンバーは6人、高2が3人、高1が3人。

しかし、高1の1人が骨折という大怪我を患ってしまった為に試合に出場可能なメンバーは5人。
そう、つまり交代なしのフル出場です。
10分×4を我々5人は颯爽と風のように走り回らなければならないわけです。


勝ちたいです、勝って試合に出られない骨折した高1の子を試合に出させたいんです。

強く、なります。




そして、新学期!新クラス!新しい先生!

新年度になっても          
CLMSY APOLO
をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://clumsy1002apology.blog61.fc2.com/tb.php/113-c4840c89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。