FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.28 他力本願
テスト終了まで(たぶん)更新しません。

僕、ねむたいんだ・・・おや・・す・・み・・。
スポンサーサイト
 pc.jpg

化石化したマイパソコンです。
奥のほうの画面が私のです。
手前のは動かなくなった父のスクリーンです。
振り返ると化石化したパソコンがこっちを見ていらっしゃいます。
本体が後ろを向いており線が丸見えなのは、私がどうにかしてしてあげようと試みた痕跡です。

…早く欲しいです。


その為には何をせねばならないか、を考えてみる。


<条件>
・テストでいい点を取らなければ買わない
・過程でどう頑張ったって結果を出さなければ無意味
  ↓
そうすると何が何でも私はどうにかして点数を取る方法を考える
  ↓
「勉強しなければ駄目だ…!」と気付く
  ↓
別に見返りを求めるわけでもないがやはりそれがあるともっと頑張れる
  ↓
…勉強するようになる


・・・そういうことだったのか・・・!

MyPCが壊されたのは両親の陰謀…。 

(何かが間違っている)


そうだとわかれば、勉強するっきゃないなぁ…。

誰かが言ってた。
「リズムに乗れば勉強も楽しくなるよ。
少しずつでも学習机の前に座る習慣をつけてみたらいいよ」とか。


・・・・。


・・・あっれ、私こんな初歩的なこと言われてていいんだろうか。


時間は経つの早い。
 


光陰矢の如し、とか。



キタヨコレッ!
今私の学校テレビに映ってるよ…。

すんごい今ワクワクしてます。




知り合い、がぁぁぁ…!


という興奮でした。



見てくるぜっ!
... 続きを読む
しゅ、宿題終わったああああああ!

終わりました宿題、終わったよ・・。

<今回の連休の休みの宿題>

・英語問題集 二章分
・古文問題集 五章文
・漢文問題集 四章分
・現代国語プリント 二枚
・化学問題集 二ページ
・英語長文解読 二ページ
・生物プリント 一枚

・・・先生は何を考えていらっしゃったのでしょうか。
どの先生もテスト前で焦ってるんだろうなぁ・・しかしそれをすべて生徒に押し付けるのはひどすぎる。



〔土曜日〕
短縮授業で昼までだったから、その日の放課後に少しぐらいできたはずなのだが、クラブに行ってイイ汗流したために、夜は疲れてたので即効ベッドへバタンキュー(死語だっけこれ)。



〔日曜日〕
前記事通り、午前のすべての時間を使って化学の酸化還元反応を完璧に(のつもり)理解して。
昼からは英語をちょぴりやりました、すんごい眠かった。
帰ってきてから、晩御飯の後、ベッドで少し休もう―と思ったら眠りに落ちていた、と。




... 続きを読む
期末テスト二週間前だあああ。
もう数日したら地獄が始まるんだろうな・・。
二連休二日目です、明日から学校です。



図書館にて友達と勉強。
朝開館とともに入ろうかと当初は予定していたのですが、さすがに眠かったので9時30分くらいに到着できるように集合。
そして駅から20分程歩く。
あんまりにも会話が苦しくなったもんだから、横を通り過ぎていく自転車を見ながら。

クラ「アレの荷台に乗せてもらう?」
友達「いや、遠慮しとく。
   一人で行ってきたらえぇやん、後ろから優しく見守っといたるやん。」

とかいうなんともバカな話を展開させながら図書館到着。
席空いてなかったらどうしよう、とか思ってたけどかなりすいていました。
席を確保し、さっそく勉強開始。
毎日曜図書館で誰かと勉強してるなぁ、と思いつつ化学を出す。

CIMG3333_convert_20090101013123.jpg


おもむろにこれを取り出すと、苦笑された、ちくしょう(笑

だいぶ前にやった小テスト、見事に全部バツで零点。
これまでに数学と化学の小テストで何度零点を取ったことか。
叩き込まれました、その結果。

化学は暗記じゃない、理解なんだ…!


アルミホイルを噛むとキーン、と頭が痛くなるのは。
Alというのはイオン化傾向が大きい為に、口の中で他の金属があると起電力が起こって、あぁいうふうになる。
THE・受け売り☆ 

勉強もはかどったし、有意義な一日の過ごし方をしました。
宿題は終わらなかったけど。


今回はなんとしても50点は取りたいです。
切実に願います。

何かと忙しくて全く更新しておりませんでしたすみません。
コメレスします!


>桜桃
ありがとうねー、お褒めの言葉ありがたく(ry
学校ではカメラは常に胸ポケットに挿入してあります。

そしてチェンバロだよチャンバロ、しょうがないからCDを買ってこようかとも考えてる。
あ、クラシックのね。

でも次のイベントってもう今年はなくないですか。
行事、イベントごとは…あ…報恩講だ…。
…全然楽しみじゃない上にイベントとは呼べないぞ…自分。

地理の先生(A野先生)の話を聞いていると、早く来年になって北海道へ修学旅行へ行きたいです。
川滑りがしたいです、マウンテンバイクで森林の中をブーンと走りたいです。
…晴れればね。
私の記憶によると私が行った、小学五年の自然学習、六年の三重修学旅行、中一の林間、中三の沖縄修学旅行はすべてお天気が荒れていたような気がする。



うーん。
すんごいありがとう、だな。
とにかく。
それしか言うことがないわ。
…ありがとう!



>ニッシィ
ブログ内装変わっててすごいかっこよかったです。
パソコン新しいの来たんですね、そりゃ良かった。
私も新しいのが欲しいです、もういい加減父の使うのやめたい、罪悪感とすまないという謝罪の気持ちが…(パスワード破ってしまいました…(笑))

本貸してくれるんですか?
じゃー、遠慮なく借りてしまおうかなぁ…。
今溜まりに溜まってる本を読破すればの話だが。

カラオケの件はもう諦めてください、桜桃も断った…だろう。
どうせ行くなら、テストの心配しながら歌うの嫌だし、な。
期末終わったら行きます、絶対行きます。



>ハゲ丸
音楽会ハゲ丸は寝てるだろーなー、とか思いながら私もオルガン演奏中はうつらうつらしてました。


寒がりなほうですよ割と。
で、なんですかそれを聞いて何をするつもりですか、なんとなく想像つくけど。
首にひんやりした手を這わせたら許さんからな!
でも許さん、って言ったって私ハゲ丸の弱点知らないしなー。
なんで弱点握られてばっかなんだろう、腹立つなー。
耳、とか・・・ぁぁぁぁ、思い出しただけで虫唾が走るわあほっ。

私もまた本貸してもらったんだけど、今大量に家に貸してもらった本が溜まってるのでまだ全く読んでません。
早く片付けたいという気持ちと、ゆっくりじっくり読み込みたいという気持ちが葛藤しています。
…あと勉強しなきゃいけない、とか。
もう期末ですよ・・・?

君のせいでここ数日変な夢を見るんですが!?
どうしてくれるんですか・・・。

あ、電話楽しかったよ。
でも次はもっと普通の声出してくださいお願いします、甘い声やめてください。


>萌爛さん
ありがとうございます…!

うん、頑張ろうねー一緒に。
そうか…5点か…私は20点上げないとなんだな。
数学やら化学やら。

そうか萌爛さんは特文目指してるんだっけ。
いつ決定になるんだろ…知らないなぁ。

もうついさっきまで「化学・国演」「物理・地学」選ぶの考えてたはずなのにな。
時間経つの早すぎるよー、ちょっと寂しいぜよ私は。
もうちょっと時間はゆっくり流れるべきだと思う。
・・充実してる証拠か。


>みつ
練習試合かー、審判で良ければ行ってやるけどさー。
まぁちょこちょこ顔出すからそんときはよろしくお願いしますわ。
次練習に行くのは、たぶんテスト後になるかなぁ。

悩み事あったら言いなさいよー?
たまになら教室来たっていいからさ。
みつが元気ないとやっぱり変な感じだからさ。

ムードメーカー、頑張れ!

>kisaragi
ありがとうございます。
なんかきさらぎにそんなこと言われると変な感じなんだけど(笑

最近「私ってホント大切にされてんのかもしんない…」って思えたからいいんだっ。
それを実感できた今はすごく幸せです。
ホント幸せ・・。
コ、コメレスします…!


>ゆう22

「ゆ」ってあいうえお順で見ると最後のほうだけど、今回はもういいんですよ!
朝コメント見てから、ずっとゆうさんの耳元で叫んでやりたくてしょうがなかったんですよぉぉ!


拾ってきた写真じゃないわあふぉおおおおお!

カメラ常備の私は、放課後に「あら、素敵☆」と思って胸ポケットからカメラ出してきて撮ったんですよおお、自分のクラスからじゃ建物邪魔で写んないから、隣のクラスに走りこんでさっ!
もうこのコメレスはゆう(腹が立ったので呼び捨て)の為にしたと言っても過言ではないんです!

そしてそのもう一つ前のコメントに「おちょくってマジ切れされたい(ry」っていうのがあることから考えると…も・し・や わざと怒らせようとして…?

うっわぁぁ、あの音楽祭もよかったんですよ感動でしたよ、えぇ、もう!
(ホラ、誰かのせいで動揺が隠せない)







もう…負かされた気分です…(うわ何この聞いたことあるフレーズ)



>杏
あー、君のクラスの担任はなかなかズバーっと言ったようですね。
私のところもそういうふうに言って欲しかったというか、あのままでよかったというかそんな複雑な気持ちです。
でも懇談って辞書で引いてみ?
打ち溶け合って話し合うこと(広辞苑より)」だそうですよアハハ。
まぁ、でも懇談やられるとやっぱり「勉強しないとなー」って言う気持ちが少なからず出てくるんですよね。
それでも有言無実行。
高いのは目標だけ、口だけクラさん。
そんな感じです。
しかしそろそろ塾に行きたい頃なので、今日は地元の個人塾に資料をもらいに行きました。
温厚そうな先生でした、ここに決めたっ☆
塾に言っても、やっぱり数学わかんないとこ教えてくださいお願いします。




ちょっとしかコメレスできませんでした、お風呂入ってきます。
明日続きをやります。


とにかくゆうさんにコメレスとしたかった、と。
今日は懇談会がありました。
他のクラスの懇談は「二者でも三者でもいいよ~」という私たち生徒にとっては都合の良いものだったのですが、私たちのクラスは全員強制三者懇談という担任のおせっかい。

まぁうちのクラスの担任生徒大好き先生ですからね。
もう「かわいいかわいいかわいい」と始終体からオーラが出てます。
嫌いじゃないですよ、そういう先生。
女の先生なんですけどね、最近忘れっぽくなったり、教壇から落ちたりおっちょこちょいです。
まだ未婚なんですよねその先生、その気になったら一週間で誰か落とせるはずなのに。
もう29なのに、どうも私達を無事に卒業させるまで結婚する気はないようです。
生徒のことが可愛くて可愛くてしかたがないようです☆



という勝手な解釈。



そして、どきどきわくわくな懇談会が始まりました。

教室に一歩入る。
眠くなりそうなくらい暑い、ボワーっとした空気でした。

席につくまでの間に深い眠りに落ちるかと思った 

まず張り付いたような笑顔で「こんにちは」

成績表を取り出して「クラさんの成績なんですがー…」
「一学期よりは遥かに頑張ってますよ」

よっし、まずは第一関門クリア。
た・と・え 席次が両手を使って数えられるようであっても、先生から「頑張っている」という言葉を貰えさえすれば私の中ではひとつめのハードルを飛び越えたことになるんですよ。
何か言葉足らずでした。

「両手で下から両手を使って数えら(以下略」でした。


期末テスト後には単位が危ない人には「警告書」という怖いものが配られるらしいです。
クラ「ラブレター貰いたくっても、それだけは貰いたくないねー」
母「そんなん貰ってきたら、私が「ある種愛のラブレター」あげるわ」
という会話を帰りにしてました。
私としては、化学と数学と生物が危ないと思われます。

そんだけ落としてたら二年生になれないや☆

正直、単位はひとつも落としたくないです頑張ります。



... 続きを読む
今は妙に小説の主人公になりたい気分です。
たぶんそれは今日読んでいた本を読み終わったからなんだろうな。
伊坂幸太郎アヒルと鴨のコインロッカーという小説です。
これはある日の放課後、学校の先生と好きな本の話をしていたときのことでした。
私は東野圭吾が好きなのです。
先生に「あれは全体的に暗くてあんまり好きじゃない」と言われ「今度本貸してあげるからそれを読みなさい」と勧められたので四日かけて読み上げました。

CIMG3288_convert_20090101014354.jpg


表紙。

カットバック形式で過去と現在が交差する。


引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。
初対面だと言うのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。
彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?
そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!


という裏表紙の言葉に目を奪われ、通学途中の電車の中で本を読み進めた。

本編に入ると、二人の人物が身辺の出来事をそれぞれ語る。
そして物語が進んでいくうちに、<過去>と<現在>が微妙に近づきあって波紋を広げあうような、そういう奇妙な気配がじょじょに高まるんです。
<過去>のセリフが<現在>にふと影を落とすことがあるんです。

通学途中だけで読むことを済ませようと、そんなことを考えていたのですがストーリーに翻弄されてしまい結局休日の半分を費やしてしまいました。
そして読み終わった後には、「ふぅ…」という長い溜め息を一つ。

どこかで聞いた「溜め息は心を大きく動かされたときに出るのである」とか。

... 続きを読む
今年は創立100周年です。
そしてまたもやイベント発生!なのです。

うちの学校は二年に一度音楽会をします。
オーケストラを学校に呼んで体育館(学園講堂)の舞台で演奏してもらうのを聴きます。
でも今年は100周年記念ということで何かしら学校は生徒を楽しませるのが好きなようで(少なくとも私はそう解釈した)。
かの有名なシンフォニーホールで音楽会をしました。


高校生の部はお昼一時からということでした。
やはりお昼まで家で過ごすと「めんどくせー」という気持ちがどうしても出てきてしまいまして。
しょうがなく重い腰を上げて出発家を出ます。
どーせこの前の講演会よろしく眠いんだろうなー、と思いつつ駅からうちの学校の制服で溢れかえった道を見て、まず通行人に「すみません。」

出席とってもらって会場に入る。
一言「すげー」と。
天井がすごく高くて、きっとこれは音がしっかり聞こえるようになんでしょうね。
開演まで薄暗い中で先日国語の先生に借りた「アヒルと鴨のコインロッカー」という本を開く、なかなかおもしろい。
開演、最初はパイプオルガンでエルガーの「威風堂々」

最初の音を聴いた瞬間鳥肌が長い間止まりませんでした。
音楽会っていうとやっぱりボーっと聴いてボーっと時を過ごすイメージがあったのですが。
まさかの鳥肌でした。
パイプオルガンはもの凄い数のパイプがあるんですって。
超音波並みの高くて小さい音や、お腹まで響くような大きな音やまで出るんです。


不意打ちはまだ始まったばかりでした。
その後は協奏曲です、あんまり音楽のことについては詳しくないのですが、「すごい…」という感嘆の溜め息しか出ませんでした。
いつもFMのNHKラジオで聴いているようなモノが目の前で聞けたんですもの、溜め息も出ますよ。

そして私は。

チェンバロの音に惚れました

ポロロン、というあの音を聴いた瞬間ビビっときました。
弦を弾くようでいてそれでいて形状はピアノ、と。

バイオリンっていうのはあんな綺麗な音が出るものなんですね驚きました。
昔、私は押入れの中にしまってあった母のバイオリンを好奇心で触ってみたことがあるんです。
モロ初心者の私がなにか音を出せるわけもなくてギ、ギィーという不気味な音が出ただけでした。
でも先日のバイオリンは弦を棒(なんていう名前かわかんない)で弾くだけで素晴らしい音が出るんですよ。
それだけ血のにじむような努力と練習をしたんだろうと思います。

その後合唱団の歌を聞きました。
「瑠璃色の地球」っていうのと「美しきドナウ」だという曲目でした。
なんだかよく歌詞は聞き取れなかったんですけど綺麗でした。

拍手はいつまでも鳴り止まないままでした。

会場を出ると、今までいた場所だけが世界から切り離されたようでした。
例えるなら初めてコミケに行って帰ってきたときのように。
そう、別世界

興奮が冷めないうちに更新しようと思っていたのですが、なかなかパソコンを開く暇がなくて記事を書けませんでした。
だから普段からつたない文体なのに、今見ているドラマと時間経過のせいでさっきから「出る」と「素敵」しか入力していないような気がするんですが。


うん疑問。
数年ぶりにドラマを見ました。
絶対一度見たらはまるだろうから、見ないようにしていたのですがたまたま食事中についていたのでどうしても目がいってしまった、と。

…案の定、はまった。


... 続きを読む
今年はうちの学校の創立100周年です。
だからイベント沢山な年です。
昨日は弁護士の住田なんとかっていう人が講演会をしに来られました。
彼女はすごくうちの校長先生に似ていました、二人並ぶとまさかの双子のようでした。


最初のほうは「すげー、あれテレビに出てる人じゃん…」みたいに興奮気味だったのですが、講演が始まって十分も経つと皆さん目が虚ろ になっておられました。
お話は「女性の権利」という、すこ~し堅苦しい内容でした。
要約すると彼女の生い立ちから、昔は女性は仕事をする権利さえ与えられていなかったんだよ、ということでした。
やはり弁護士、そしてテレビにも出ている方なので、講演することや、人の前で話すことに慣れてるようでした。


失礼ながら、結構の人がうつらうつらしていらっしゃいましたすみませんでした。
私も途中頭が後ろにふらふらと倒れかけましたでも後ろの友達と手を重ねて頑張りました。
なかなか興味深かったんだけどね。

ご飯食べた後だから消化途中でどうしても眠かったんだよ!

眠かった、というほかに感想を述べると。
自分はシアワセなんだな、と家に帰ってきてからヒシヒシと感じました。

... 続きを読む
テンプレート模様替えしました、秋ということでコスモス。
ま、ちょっと遅すぎるような来も若干するんですが、そこは突っ込まないで。

今日はネカフェに行って、ご用達のオンライン音ゲーを勝手にインストールし、アンインストールせずに帰ってくるという悪さをしました。


これからは30も溜めずにコメレスします。

>ハゲ丸
そうやねー、遠足。
でも楽しかった、ほら特にポッキーゲームが。
しっかり写真撮りましたんで、今度現像して学校持って行きますわ。
なにお願いしたか、って?
そんなん言えるわけないじゃないですか、言ったら叶わなくなるってよく言われるじゃないですか。

べ、別に勇気出して道聞いて断られて、顔から火出るくらい恥ずかしかったわけじゃないんだからね!
私は道聞かれたら、現地まで着いて行くくらいの勢いで道案内しますけどね。
お、ハゲ丸も迷ったんかヽ(。・ω・。)ノナカマー
出来はどうでしたかー、できましたか。
テスト中眠りの体勢に入っていたハゲ丸さん?
ま、私も人のこと言えないくらい、昼食後の授業寝てたんだけどね。
明日から学校やんか、頑張っていこー。



>萌爛さん
いや、ホントお褒めの言葉光栄に存じます♪
gdgdってなんだろう、と考えてみた(グダグダのことだったのね)。
萌爛さんはしっかしブログ更新率がスゴイですね!
ホント尊敬します、私面倒くさがりなもんで気が向いたときにしか更新しませんからねぇ。

奈良、うん楽しかったですよ☆
S本さんが缶コーヒーをどうやらこうやら…(詳しいことは知らない)らしいですね。
あ、S本さんに言われてたS和田先生の写真休み中に印刷しに行こうと思ってたのに行くの忘れてたぜ。
やっちまったぜ☆(ソードマスターヤマトのノリで)

はいすみません。



>みつ
どうだ少しは上手くなったかー。
この前の練習はレーンとかコート違ったりしたからあんまり見れなかったんだけどね。
また今度練習行くよ。
そして、残念日曜日は模試だったために行けなかった。
そしてまさかそんな頻繁に練習に顔を出すとでも思っていたのかあはははh・・んなわけねぇぇ(ホラ照れ隠し照れ隠し)
しっかし審判やれって言われてもそんなに判断できるほどの目持ってないからなぁ。
笛持って走り回るだけならいくらでもやってやるけど。
(みつさん、練始でも連詩でもなく練試ですよ、練習合!)
中一は兵庫まで出てフルーツフラワーパークだっけ。
今の季節は葡萄とか美味しかったはず。
(何故か凍った葡萄を食べたことが記憶にある)



>ミラ
いやマジでごめん、この前過去記事見てたらコメレス一人だけしてなかったのに気がついた!
試験も終わったなー(二つの意味にとれるという)、おつかれー。
結果どうだったよ、もったいぶってないで聞かせなさいよ。
私のほうは、もう答案用紙全て捨てる勢いの点の悪さでしたよ乙。
今回からは気合入れてやったつもりなんだが、すぐには結果でないっつーことか。
マリア様はみてr・・・げほっげほ
そういうことでコツコツ積み上げなければならないということだね!
現国はわかるよ。
随筆とか説明はしっかり文をある程度噛み砕いて読むんだよ。
言いたいことがあるからこそそうやって本を出してるんだから、筆者が結局なにを言いたいかを読み取る、これがコツ。
小説、詩、これは言い表せないな、難しいと思う。
曖昧な表現で、「結局はなんなの!?」っていうように要点が隠れてることが多いからねぇ。
点数取るなら、漢字を徹底して覚えることかな、これを落とすか拾うかでは点数の差は大きい。
古典は、ある程度助動詞、助詞、単語を覚えてたら大丈夫なんじゃないかなぁ。
まぁ私も古典は苦手だからなんともいえないけど。

シュートはいらんのは、それはその日の調子が悪いということですかー。
私もよくありました、というよりもともとシュートはいるクチじゃないからね私は。
下手っぴだったからさ。
おうおう、今度乗り込みに行ってやんよ!



>kisaragi
お、初めまして☆
なんだ、このタイミングでブログを開設するということは私に触発されたと考えてもよろしいのですね。
春日大社でのお祈りの件については忘れてくださいまし。


だってぇー鹿からかいがいがありそうな顔してたんだもん、てへっ☆
そりゃぁ発情期、雌が捕まんないなら鹿もイライラして当然だろう。
でも目の前にからかいがいのありそーな人がいたらきさらぎなら間違いなくからかうっしょ(笑
少なくとも私からは、そういうタイプに見える。
幼くはないけど、少なからずそういう少年時代腕白な気持ちが残ってると。


きさらぎも本読むんですかー。
恋愛小説のタイトルか。
見てくる。

…二分後
これ、ここで言えない(爆
だってここ健全な管理人の日々の徒然なるままの日記もどきのサイトなんだもん。
例の携帯小説も恋愛もんだったから、4/5は恋愛ものですね。
今度個人的に聞いてきてください、その際に気が向けば教えます。

そんでもって来年のハロウィンは例のアレっすね。
で・・・違うわあああっ、言われたいんじゃねぇぇよ。
(ほら敬語崩れる)

>純粋にときめくような恋がしたいです
可愛いですねー。
しかし同じ意見です、きさらぎに一票。
ぷらとにっく、っていうことですね言いたいことは♪
こうキュンってするような…。
どうしよう、こんな事言ってると妄想の世界へ一直線じゃないか・・。
落ち着け、おちつけ自分。

…寒いから靴下取ってくる。





2008.11.02 透き通る青空
今日は模試でしたお疲れ様。
外部模試、ということで学校でなく、どっかの専門学校まで足を運びました。
朝八時に家を出る。
近場だったので、40分あれば最寄駅まで着くだろうという計算。
しかし駅から歩く時間を計算していなかったことに自転車に乗ってる途中に気付く。
それまでのんきにウォークマン聴きながら(自転車乗りながらのウォークマンは交通違法です)大声で歌っていた自分に嫌悪感を催しつつ自転車ダッシュ!

しっかし、駅から専門学校までの道がわからない。
受験票に書いてある簡単すぎる地図(もうちょぃ詳しく書いてほしかった)をチラチラ見ながら、しかし態度は「私は全然迷ってませんよフッフ~ン♪」というふうに堂々と歩きながら…迷う。
頭の回転の遅い私は人に尋ねるということさえも忘れていた。

ついに「ここどこだろ・・・」という場所になってきてから、通行人に尋ねる。
大学生っぽい男の兄ちゃんもいたけど、男慣れしてないんで怖い。
ということで2分ほどしてやってきたお姉さんに聞いてみた。

クラ「あ、あの~、○○専門学校ってどのへんですかぁー」
通行人A「いや、ごめんなさい。
      私ここのことあんまり知らないんで。」

ざっぱり斬られた。
おそらく、急いでいて道を説明するのは面倒だったんだろう。
それか暗に「テメーなんざに道を教えてやっかよ!」ということを言いたかったのかもしれない。

しょうがない、次。
そんなこんなで工事現場のおじちゃんに聞いて一件落着、時間通りに着きました。


しかし。
テスト恐ろしいほど難しかったです、とくに英語全般と数学の2.3問目。
全国の高校一年生はこんなんが解けるものなのかと感心。
私は本当に大学へ入れるのだろうか、と。

模試も終了し、すっきりしなく、しかし晴れ晴れ気持ちで帰る。
でも今日はどこかに寄りたいような気分だったので府立図書館へゴー。
図書カード更新して、気に入った本を物色する。
今日借りたのは、恋愛小説(ときめきたいんだよ☆)二冊と、今話題の携帯小説のハードカバー二冊と志望大学の本一冊。

今から夜にかけて読みます、今日は寝られないような気もしま・・せんわやっぱり。
<前回からの続き>

あいつに背中を向けたまま天井を仰ぐ。
―はぁぁ…

そのとき、どこかで携帯の鳴る音がする。
どうやらあいつの携帯、ド●モの黒い…だっけな。
なにやらボソボソと話す、一瞬顔が曇る。

「あー、マジでごめんやねんけど俺もう帰らなアカンわー。」
ゴメンッ、と手を顔の前で合わせて片目をつむる。

…許さざるをえない笑顔…負けた…。

ちょっと口を尖らせて拗ねたふりをする。
―はいはいわかりましたー。

教官室の中に入っていくあいつ。
少しの間あいつのことを考えてみる。
…どれだけ止めてももうだめだよー、って。

ガチャ
あいつがスーツにリュックといういつものスタイルで出てくる。
教官室の冷気が体育館に流れ出る。

「今度話聞いたるからなー、
待っとけよー。
…んで、お前が辞めたら俺もハンド辞めるから。」
振り向きながらそう言う。
あまりにもキザ気取りなもんだから、フッと鼻で笑ってやった。
「なんだよもー。」

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。