上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、tactさんの別荘に皆でお泊りに行った際に、この「蹴りたい背中」が本棚の中に並んでいました。

史上最年少で芥川賞を受賞した作品と幾分前に話題を呼んだ作品だったので、一度手に取ってみようと思い、ぱらぱらと読んだ。
18歳の少女が書いた作品だし、そんなに面白くもないだろう、とたかをくくっていたところ、あっけなく、あっさりと引き込まれてしまいました。

当日に読み終えられなかったので、泣く泣くそれをtactさん家の本棚にしまって、このあいだ、後輩に借りまして、たった今読み終えました。
いろいろ感じるところがあったので、忘備録としてここに記しておくことにします。
(ただし長い)

∞+:;;;;:+∞+:;;;;:+∞+:;;;;:+∞+:;;;;:+∞+:;;;;:+∞+

中学生・高校生女子特有の空気感をうまく書き出しているな、と。
私の知りすぎてるもちゃもちゃとした言葉で捉えづらい世界をあんなにも、よく言葉でもって書き連ねていくことができるのな。
女子のグループや、実験の班決めのときに「取り残されて」しまう子たちとその心理。
物語はハツの視点で一貫して進んでいくのだけれど、その描写があまりにも、そう、あまりにもリアルすぎて、ぞっとした。
特に冒頭からp7のハツがにな川と出会うまでの数ページ。

頁〇〇四
「今日は実験だから、適当に座って5人で一班を作れ。先生が何の気なしに言った一言のせいで、理科室にはただならぬ緊張が走った。適当に座れと言われて、適当な所に座る子なんて、一人もいないんだ。ごく一瞬のうちに動く緻密な計算――五人全員親しい友達で固められるか、それとも足りない分を余り者で補わなければいけないか
――がなされ、友達を探し求めて泳ぐ視線同士がみるみるうちに絡み合い、グループが編まれていく。」

頁〇〇五
「あてがったというよりも、スムーズに私たちの所まで流れてきた、という方が正しい。余り者には余り物がしっくりくるのだ。いじめじゃない、ごく自然なことなんだ。似合うから、しっくりくるから、しょうがないんだ。」

それと高校生のハツは、人に対する洞察にとてもたけていることに驚きました。
むしろそれを書き出す綿矢さんに、驚きました。

頁〇八四
「「先生の頭、溶けてる!」
トレードマークである天然パーマが、雨に濡れておでこに張り付いている。指さして笑われると先生はさっそくとぼけた表情をして、驚いたように目をしぱしぱさせた。器用になったものだ、本当はああいう人じゃないくせに。」
そんな洞察の鋭いハツなんだけど、にな川のことに関しては、なにかよくわからないもやもやとした感情が湧き上がってくる場面は、また読みどころ。
一見恋愛感情なのかな、と思うけど、純度100!みたいなのではないように思う。
ハツの微妙な感情の揺れ動きが印象的でした。

全体を読み通して思ったのは、これは、もう大人になってからでは、書けない作品だな、と。
ここまで緻密な、思春期独特のふわふわした感情の動き。
実際にその時その場に身を置いている者にしかそれを表現することはできないだろうな。
筆者は、この物語を書くときにハツに自分を重ね合わせていたのかどうかが気になります。

そして、物語の一番最後にあった表現が印象的だった。
「いためつけたい。蹴りたい。愛しさよりも、もっと強い気持ちで。」

それはどんな気持ちなんだろう。私がかつてある人に対して抱いたことのある、「世界一愛してるし好きだけど、世界一憎いし嫌い」という感情と似るものがあるのかな、と考えました。

「愛する」と「憎い」の感情は間には遠い遠い距離があって、いわば対極の場所にあるのに、なぜそれをあのころ、いとも簡単に同時に抱いてしまったのかは、もう今となってはわからない。

その人に向き合うとその相反する二つの感情が湧き上がってきたこと、をただ事実として覚えているだけ。
なんて自分は屈折してるんだろうな、と自己嫌悪に浸っていたことも、記憶にある。

桜井さんが歌う「誰より愛おしい 誰より憎い」というheavenly kissの歌詞を聴いて、「わ、自分以外にも、これを感じる人がいたんだ」とひどく驚いた。

愛しいと憎いは紙一重なのかな、それよりもっと近くて、もしかして同じ場所にあるのかな。
と考えました。


ここで、これを読んだ読者はどう感じてるのか気になったので、レビューを眺めてみる。
「蹴りたい内出血を指で押したいさわりたいなめたい傷ついた顔を見たいもっとかわいそうになれもっと叱られればいいもっとみじめになれいためつけたい蹴りたい。

普通にわかります。」
と言う人もいれば
「つまらない、内容薄っぺらすぎる」
と言う人もいて、レビューを眺めてるだけでもすごい読みごたえがありました。

レビューを読んで、思ったこと。
この「蹴りたい背中」が舞台としているのは、誰もが一度は経験したことがある「高校生活」の日常の場での話なんだけれど、そのとき本人が数年間で経験してきた、学校あるいはクラスの中でのスタンスや位置づけが如実に作品の理解度に反映されてるんだな、と思った。

例えば、レビューの中に
「こういう<わざとなじまない感じの子>って実際はこういうこと考えてるのかなー。とか思ってしまったー。でも、その感覚、よくわかんない。」
というものがあって、なるほど、と思った。
きっとこのレビューを書いた方は、学生時代、そして今も絹代のグループの女の子たちのスタンスで日々を送っていたんだろうな、と。
ひねたところのない、ある意味真っ当でまっすぐな。

この作品を読んだ人の中にも、この「蹴りたい」という気持ちを「理解」する人、とわからない、って思う人のどちらもがいるんだなぁ、と。

とここまで打ち出して「理解」という単語が引っ掛かることに気付く。
この気持ちを知ってるのは頭で理解してるんじゃない、から理解という表現には語弊があって、むしろ「感覚」として「落とし込む」ことで自分はこの本を読んでいたのだな、と気づく。

自分でも何を言いたいのかよくわからなくなってきたのでそろそろ切ります。

「言葉」によってこの「蹴りたい背中」という物語は描写されているのに、言語というレベルのもうひとつ下にある「感覚」によって感じることで、作品を読み込んでいたことに気付きました。
このようなスタイルの本に私は初めてであったのでとても新鮮で面白かったです。

最後までこのだらだらとした感想に付き合ってくださった方がいれば、次回お会いするときにだいこん一本を差し上げます。
すみませんでした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
5:15
頂上着いた!!
達成感!!
悪くない、この疲労感。

16791280.jpg


夕焼けがとてつもなく綺麗で、感無量。

小高い芝生の丘があって、そこでお菓子もふもふ食べながら沢山考え事してたら、日が暮れた。


眼下に広がった景色が目に入った。

ヽ(゚∀゚ )ノ…。


息が止まった。

私が今まで生きてきた中で1,2を争うほどの光景。

あんまりにも綺麗で、どう表現していいやら。
言うなれば。
奈良の街の光たちを、ぜーんぶ自分のものにした気分。

都会の光みたいな派手さはないけれど情趣深くて、あったかい灯火に似た光。


「日本の三大夜景のひとつなんですよ」by隣のツアーのコンダクターさん。


5:45
あっという間に頂上での時間は過ぎ、気づけばこんな時間。
「日も暮れちゃったな…帰ろーう」
自販機でひとーつコーンポタージュを買ってー。

Hey you!
日が暮れ…た

暮れた…

(゚ロ゚)…

(゚ロ゚)…

(゚ロ゚)…


あぁぁぁぁぁぁ!!!
暗い!!!



あれはもう暗いとかいうレベルじゃない。

闇!暗闇!KU☆RA☆YA☆MI
包まれた!

行きに登ってきた遊歩道の出口は全く見えず。
この時点で①「やべぇ…」

横に車道があるのを発見しました。

車道を歩いて帰ろう。
と。
ふもとにいづれ出るだろう。
と。


歩き出す敬。

駐車場の光が遠のく。

…遠のく…

あのね、車道にはね、電灯がね、ひとつもなかったんですよ。
闇ですよ。
闇。

ほんっとになんにも見えなくて、私は、道路の真ん中にある白いラインあるじゃないですか、あれをなぞって歩いたんですよ。

だって道路のわきとか歩いてみ。

切り崩された崖から足滑らせて、あぁぁぁ、みたいなことになりかねないじゃないですか。
一寸先は闇。

でも、でも、ひとつ本当に助かったのは。
昨日が晴れていて、空が澄んでいて。
月が綺麗に顔出してて、星が光ってたこと。
昨日ほど、月に感謝した日はない。
ありがとうMr.Shining Moon

電灯のない場所での月は、ほんっとに素敵でした。

間違いなく昨日は月と星の光に助けられました。


それにしたってですよ。
登ってきた分下りると考えたら。
孤独が爆発。
恐怖も爆発。

しばらく下っていくじゃないですか。
そしたらね、なんかね。

「上りになった…」

この時点で②「やべぇ…」
しかも、50mとかそんな甘い距離じゃなかったんですよ。
ほんとに700mくらいずーっと登り。

「あーぁ、このまま登って、行き止まりとかになったら、もう死ぬなぁ…、もっといっぱいしたいことあったのになぁ…、バスケもっと上手くなりたかったなぁ、世界一美味しいたこ焼き皆で焼きたかったなぁ、もっとミスチル深めたかったなぁ…、愛とは何かについて哲学したかったなぁ…」

今までの思い出が走馬灯のように流れる。
…これは冗談にしたって、本当に上り坂があんなに恐怖だったのは後にも先にもきっとこれだけです。

音楽にも助けられました。
登りは「自然の音が堪らん」とかほざいたくせに。
静けさが恐い恐い、ほーほー鳴いてる鳥も恐い恐い。

涙が出てきた。
じんわり出てきた。

イヤホン出してきてミスチル大音量で聴いた。
Mirror歌ったった。
あれは口ずさむとかいうレベルではなかった。
あらん限りの声を出した。
それくらい恐かったっす。

そんで歩きましたよ、私は。
ふもとまで。
のぼりと同じ1時間かけて。
長かった、恐怖の1時間。

もう、死んだと思った。

7:00
ふもとの山の管理室みたいな小屋からおっちゃんが猛ダッシュで出てくる。

心配されるアホ女子大生。
後先など考えない、BAKAと呼ばれるー。


おまけ

逕サ蜒・009_convert_20111110230512


下山中ずっと握ってた。
らしい。
駅着いて気づいた。

私に頂上であたたかさをくれたコーンポタージュ。
と。
もうぐしゃぐしゃになってー。
お世辞にもきれいとは言えないけどー。
恐怖のあまり押しつぶされたお菓子の包み。



地上に降り立った感想。
「生きて帰ってこれた…」

私の完全な計算ミス。
向こう見ずな行動がこの結果を呼んだ。
でも、恐怖と戦いながら私は頑張った。

間違いなく、ここ一番の武勇伝。

褒めてヾ(*´∀`)ノ

2011.11.10 紅葉遠足②
木、といえばですね、奈良公園の木にも見どころがあるんですよ。
根っこに注目です、足元をごらん。

どくどくと血潮の聞こえてきそうなほどの生命力のある根っこなのです。
こいつはそこそこに必見です。

3:10
奈良公園の奥地へと足を延ばす。
広大な大地を発見。

走りたくなった。
だから走った。
そしたらすぐに疲れた。

当日のお昼の場所確定。

鹿達はというと。
集団で草食べて孤独な思いを消しておりました。

3:15
さらに、その向こうへ行く。
道の脇の溝にはまった小学生を発見。
見過ごす。

春日大社の境内へと足を運んで、しばらく道草食いました。
横道入って、迷子になったり。
道なき道を進んで行き止まりの壁にぶちあたったり。
やっとこさ本殿まで登りつめたのが4時。

上でお賽銭投げて、手をぱんぱんして、お祈りしてきました。

「単位が空から降ってきますように」



あ、そういえば、こんなもの見つけた。
縁結びの絵馬。


大体の人は
「幸せな家庭を築けますように」
「いつまでも仲良くいられますように」
とか、ささやかなお願いを書いてるんですよ。
そんな微笑ましいお願いなら、縁結びの神様も、にこにこしながらきっと叶えてくれるんでしょう。

しかし。


16788851.jpg


こ れ は 欲 張 り じゃ な い か



さすがにこれは神様でもキャパオーバー。

私的には()でくくられた「都内でお願いします」がツボにきた。
いいぞもっとやれ。

4:30
若草山の登山入り口の看板の前に立つ。
「頂上まで4km」

登ろうか、登るまいか。

登ったった。
ブーツやけど登たった。
急勾配やけど登たった。

都会の喧騒はどこへやら、靴で踏む砂利の音、木達のささやきやら自然の声だけが聞こえてきて、目を閉じて深呼吸、深呼吸。

静かなのにも飽きて、イヤホンを耳に突っ込んで、好きな音楽を口ずさみながら坂道を登る。
そしたら角からランニングハイなおっちゃん出てきた。
恥ずかしかった。

予想以上に長い。
③を今から書く。
遠足の季節になりました。

ある友人が叫びました。
「紅葉を観に行こうよう!」


こうようを観に行
こうよう!


ツアーコンダクトという重大な役目を頂いた私は来たる遠足の日のために。
授業が終わったのち、本日は下見に行ってきましたー。
4時間かけてじっくりと奈良の名所達を歩き回りってきました。
携帯電話のメモ帳片手に。

シーズンオンして間もないので、まだまだ葉っぱは青いままでした。
ちらほらとゆっくり色づき始めた奴らもいました。
しかし、真っ赤になるまでにはまだ時間がかかりそうでありました。

今日の奈良での気付きをあげていこうか。

2:45
最初に奈良公園をぷらぷらと歩く。
正倉院展が開催中なので若干いつもより人は多めでありました。

私ガツガツしてる鹿って嫌いなんですよね。
というのには、サザエのあの奥深いところ程度に苦い、そんな思い出があるのです。

(*´д`*)oO○

―あれは小学生の遠足のときでした。
私がまだ可愛かった頃の話です。

お昼ごはんの時間、シートを敷いた私は、お弁当のリュックを置いたまま友人とトイレに向かいました。

「今日はたこさんウィンナー入ってるってお母さん言ってたなー楽しみだなー」
「私はキャラ弁だよ!アンパンマンだって!」
「レベルが違った…」
なんていう会話をしながら、敷いたシートへと戻ってくる途中で私たちの目に入ったのは。

チャックの開ききった私のリュックでした。
その数メートル先に、鹿withマイ弁当が。

そういうことです。―

というわけです。
彼らは草だけをはんでおけばいいんだ。

今の時期の鹿達は落ち着きがないです。
ずっとそわそわそわそわしてます。
まるでライブ前の誰かさんのようです。


今の時期は、気が荒っぽくなる時期みたいです、特に男の子は。
今日は、女の子のお尻を追いかけ回している男の子の鹿に何度も遭遇しました。
1人の女の子を取り合いして、ケンカしてる奴らもいました。

鹿のケンカってめっちゃ恐いんですよ。
頭と頭をぶっつけあって、目剥き出しにするんですよ(||゚Д゚)ヒィィィ!

今は角切られちゃったから、尖ったもののない状態ですけど、もし生えてる状態だったら、1人の女の子のために、重症軽症を負った鹿たちが、奈良公園にころころ転がってるかもしれないんですね。

(((( ;゚д゚)))アワワワワ

3:00
次に、わき道にそれました。
自然の空気、美味しいです。
深呼吸しながら、大きな木を見上げると、そこに見えたのは。

竹。

木から竹が5本も!生えておりました。

16783795.jpg



後ろのおっちゃん「去年はねー、一番右の子はタケノコでねー、おととしは4本しかなくて、その前は3本だったんよー」


…なんか長い。
とりあえず①として保存。

今日は、京セラ大阪に行くよ!

ミスチルライブ初参戦ですヾ(*´∀`)ノワァァァア

受験時代予備校の先生が大のミスチルファンだったということがきっかけで、好きになって一年半、まだ未熟だけど。
櫻井さんが創り出す歌詞とメロディの世界観に毎日毎日酔ってます。
深い、いっつもじーんって来ます。


しんどいとき何度ミスチルに助けてきてもらったかなぁ、なんて考えて。
楽しいとき何度ミスチルに、さらに盛り上げてもらったかなぁ、なんて考えて。
ありがとう。

昨日は京セラまでグッズだけ買いに行きました。
昨日参戦だった人たちにアツい空気もらって帰ってきました。
準備万全。
今日はツアーTシャツ(図参照)とタオルで参戦`´

goods02m_convert_20110515112407.jpg


チケット譲ってくれた方に、ありがとう。
一緒に参戦してくれる友達に、ありがとう。
私は幸せです(´∇`)

今日は、最高に楽しんできます!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。